記事詳細ページ

第5回ながい百秋湖まつりを開催しました。

第5回ながい百秋湖まつりを開催しました。:画像

平成28年10月30日(日)、「第5回ながい百秋湖まつり」を開催しました。

今年は、長井ダム竣工5周年、そして「ながい百秋湖まつり」の開催が5回目を迎え節目の年ということもあり、例年よりパワーアップした内容で実施しました。

 

今回の体験メニュー

1.ながいフットパスウォーク2016 平野(長井ダム)コース

長井ダム周遊3kmコースと野川周遊6kmコースの2つを用意し、参加者43名がボランティアガイド「ながい黒獅子の里案内人」と歩きました。

長井ダム周遊コースでは、普段通ることができないダム管理用トンネルを特別に開放しました。

 

 

 

2.長井ダム探検隊

これまで案内をしたことのない堤体内部の階段を利用してダム最深部までの117m(29回建てビル相当の高さ)を歩いて下り、ダム内部の設備やダム下流面を巡りました。

階段はなんと468段!下に行くと堤体を真下から見上げることができ、長井ダムの大きさを体感することができます。

 

 

 

 

3.絶景・三淵渓谷通り抜け参拝(ながい百秋湖ボートツーリング)

今秋、新たに女性船頭がデビューを果たし、昨年の2艘に対して今年は倍の4艘で運航しました。

秋色に染まった絶景の三淵渓谷に皆様をご案内しました。

 

4.ビッグバンド「MOJO」コンサート

お昼には、ビッグバンド「MOJO」の皆様にコンサートをしていただきました。

多くの方が知っている有名な曲を交えて美しい音色が館内に響きわたります。

最後にはアンコールが出るほどに会場は盛り上がりました。

 

5.特産品・芋煮の販売、玉こんのふるまい

山形の秋といえば「いも煮」!

メイン会場の野川まなび館では、いも煮や特産品のりんごやラフランスを販売しました。

そして、もう1つの山形名物「玉こん」のふるまいも行い、訪れた多くの皆様に山形の味覚を楽しんでいただきました。

 

当日は、天候にも恵まれ秋晴れの1日でした。

紅葉もちょうど見ごろを迎え、野川まなび館にはたくさんの方が訪れ「ながい百秋湖まつり」は盛況のうちに終了することができました。

今回、ながい百秋湖まつりにご参加くださった皆様本当にありがとうございました。

2016.11.04:[活動紹介レポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映