記事詳細ページ

やまがたの湧水展




6−7月の企画展として、野川まなび館では「やまがたの湧水展」を開催しました。
水は私たちの命と生活の支えです。大きな役割を果たしたのが渾渾と湧き出る各地の湧水です。水道が普及し、市販のボトルウォーターが出まわる現在においても、これらの湧水は大切に守られ、愛用されているのも少なくありません。
今回は、山形県とくに庄内と白鷹山周辺の65ヶ所の湧水にスポットを当てて、おいしい水とは、健康によい水とはについて科学的に探り、パネルで分かりやすく展示しました。また、長井の水道水と野川の水質についても比較しました。



ご希望の方には、きき水体験をしていただき、長井の水道水と、各地の名水を飲み比べていただきました。
準備した湧水は亀の子(山辺町)・弁財天(山辺町)・霊泉水(酒田市)・胴腹瀧(遊佐町)・大鳥神社の水(遊佐町)です。大半の方が、この湧水と長井の水道水、どちらも同じくらいおいしかったというご意見で、長井の水道水の良さを改めて感じることができました。

2012.12.22

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映