記事詳細ページ

ながい百秋湖まつりを開催しました

平成24年10月28日(日)、長井ダム周辺でながい百秋湖まつりを開催しました。
今回初めてとなるこのお祭りは、ダム周辺で4つのイベントに参加していただき、その後ジャズバンド演奏を聴きながら芋煮を食べていただくというものでした。あいにくの悪天候でしたが、延べ118名がご参加くださいました。


〇依瞭札肇譽奪ング(9:30〜12:00)
準備が整い、いざトレッキング出発!というときに、ざーーっという無情な雨の音。
雨が降るとぐっと気温が下がってしまいますよね。
今回トレッキングコースに選定した場所は、昔木地山ダムを建設するときに工事用道路として使用していたという三洋道。きれいに整備されている箇所もありますが、自由にトレッキングしていただくにはまだまだ整備が必要な道です。今回は事前に草刈を済ませ、みなさん不自由なく歩くことができたということでした。
また、沢を渡るところが2か所あるため、長靴でご参加いただきました。


21世紀不伐の森を出発し、まずは県道沿いを歩いていきます。道路沿いのもみじがものすごくきれいです。



西栃平下桂谷吊橋。
板が片側しかかかってないのでちょっと怖いです。河床からの距離は10mほど。



こちらはかつて集落があった桂谷地区です。この木の奥には分校がありました。
ここで第一回目の小休憩です。



このあたりは道幅も広く、歩きやすいところです。
あまり雨にあたることもなく、けがもなく、みなさん無事に帰ってきていただき、ほっとしました。
ご参加いただいた29名のみなさん、ありがとうございました。




△覆い百秋湖カヌー体験(10:00〜12:00)
1回10名、30分の体験を合計4回行いました。カヌーは5艇準備し、参加者のみでの操船にチャレンジしていただきました。


カヌーに乗船する前に、漕ぎ方のレクチャーを受け、いざ本番です。




みなさん、とっても上手です。カヌーは意外と初心者でも乗れるものですね。
小雨でしたが、雨が気にならないくらい楽しかった!という感想もいただきました(*^_^*)



今回のカヌー体験には新潟県や宮城県からもお越しいただきました。
ご参加くださった30名のみなさん、ありがとうございました。




D弘罐瀬犖学会(9:30〜12:00)
やはりダム周辺を満喫するには長井ダムのことを知っていただかなければ、ということで開催したダム見学会。
コースはダム管理支所1階展示室〜 監査廊〜エレベーター〜ダム天端です。


展示室でダムの概要や役割、あゆみについて説明を受けました。



ダムの地下通路を通って、ダムの上に移動しました。天端には展望台もあり、下流側がよく見渡せます。
高さは県内一を誇る長井ダム。この夏の渇水では早くもその役割を発揮しました。
ご参加いただいた37名のみなさん、ありがとうございました。




ぅ錙璽ショップ ネイチャークラフト(10:00〜13:00)
まなび館では木片や松ぼっくり、木の枝にビーズなどを飾りつけ、オリジナルのキーホルダー・ネックレスを作るネイチャークラフトを開催しました。



松ぼっくりなどに木工ボンドでビーズをつけていきます。ビーズが細かくて、貼り付けるのが大変!
講師は飯豊少年自然の家の平塚先生につとめていただきました。




身近にある材料を使って、こんなに素敵な作品ができあがるんですね。
お子さんだけでなく、大人の方にも楽しんでいただけたようです。
ご参加いただいた22名のみなさん、ありがとうございました。




体験イベント終了後は、みなさんお待ちかねの芋煮です。

ちょうどお昼から雨足が強くなってきたので、昼食は屋内に変更となりました。
外は寒かったので、あったかい芋煮、とても喜んでいただけました。


締めくくりは、SFJO(スウィング・フレンズ・ジャスオーケストラ)によるジャズバンド演奏です。
地元の人なら誰もが知っているスウィングガールズの曲をたくさん演奏していただき、とても楽しいジャズライブになりました。



初めてのながい百秋湖まつりは、協力団体・参加者のみなさんのご協力により、楽しいイベントとなりました。
今後、定着したイベントとなれるよう、来年もまた企画していきたいと思います!

2012.11.07:[活動紹介レポート]

この記事へのコメントはこちら

  • 名前
  • 題名
  • 本文
  • URL
  • ▼編集/削除用パスワード (半角英数字4文字で自由に入力して下さい)
  • ▼手動入力確認 (画像の文字を半角英字/小文字で入力して下さい)

  •  ※誰でも投稿可/すぐに反映